Youtubeチャンネル登録で最新情報をGET

サーフィン ウェットスーツ 選び方のまとめ

7 min 65 views
サーフィン

サーフィンのウェットスーツは目的、素材、デザインなど色々な選び方があります。またサーフボード同様にサーフィンのウェットスーツにも専門用語と専門知識が日常会話的に使われています。

例えばフルスーツ、シーガル、ロングジョンというサーフィンのウェットスーツのデザインに関する言葉や、ジャーフル、セミドライなどウェットスーツの役割が違う言葉もあります。他にも素材(マテリアル)の専門用語があったりするので、初心者さんには分かりにくかったりしますよね。

本記事を執筆しているヒガシーサーは真冬でも水温18度前後の温かい沖縄でサーフィンをしています。そのため真冬でも「3mm/4mmのジャーフル」や「3mmのシーガル」で十分という使い方をします。

ウェットスーツは好みのブランドや形、素材があると思いますが、筆者がおすすめしているのは「Patagonia」のウェットスーツです。

パタゴニアは自然を愛するサーファーにぴったりのブランドなので、パタゴニアを選ぶだけで、なんとなくグッドサーファーになっている感情になれます。(笑)

私も最近はいろいろなサーフグッズをパタゴニアに移行しているところです。ということでウェットスーツの種類や名前、選び方などをまとめていきますね。

サーフィン ウェットスーツの種類

ウェットスーツには多くの種類(形やデザインが違う)があります。

  • フルスーツ
  • シーガル
  • ロングジョン
  • ロングスリープスプリング(ロンスプ)
  • スプリング
  • ショートジョン
  • ワンピース(女性)
  • タッパー
  • ベスト

以上がいまの主流になっているサーフィンのウェットスーツの種類です。

サーフィン ウェットスーツ フルスーツとは?

フルスーツは首から手首、足首までをカバーするウェットスーツの名前です。体全体をウェットスーツでカバーできるので「フルスーツ」と言われています。

沖縄では11月〜4月ごろまで着用しています。

サーフィン ウェットスーツ シーガルとは?

ウェットスーツ メンズ シーガル 3mm FELLOW 男性用 ノンジップ チェストジップ ウェットスーツ サーフィン ウエットスーツ 日本規格 (OCEAN BLACK, XL)
FELLOW

シーガルはフルスーツの上半身部分を半袖にした形状のウェットスーツの名前です。フルスーツと比べて寒いですが、その代わり半袖なのでパドリングがとても楽になるというメリットがあります。

沖縄では11月〜1月、4月〜6月ごろまで活躍します。

サーフィン ウェットスーツ ロングジョン

ロングジョンはフルスーツの上半身部分をノースリーブにした形状のウェットスーツの名称になります。沖縄ではあまり見かけませんが、真夏で外気は温かいのに、海水温が冷たいという地域で活躍します。最近はロングジョンとタッパーを組み合わせるスタイルも増えてきています。女性は体のラインが綺麗に見えるので、女性にもオススメのウェットスーツです。

沖縄では10月〜12月、4月〜6月ごろまで活躍します。

サーフィン ウェットスーツ ロングスリーブスプリング(ロンスプ)

ウェットスーツ メンズ ロングスプリング 3mm FELLOW 男性用 ノンジップ チェストジップ ウェットスーツ サーフィン ウエットスーツ 日本規格 (BLACK, XL)
FELLOW

ロングスリープスプリングは通称ロンスプと呼ばれています。

ロンスプの特徴は下半身部分が半ズボンな形、上半身は長袖のデザインのウェットスーツです。水温は暖かいけど、気温や外気が寒い時に役立ちます。

私も初心者の頃にロンスプを使っていましたが、下半身の日焼けの仕方が気になりました。

サーフィン ウェットスーツ スプリング

ウェットスーツ メンズ スプリング 3mm FELLOW 男性用 ノンジップ チェストジップ ウェットスーツ サーフィン ウエットスーツ 日本規格 (BLACK, L)
FELLOW

スプリングは、半袖半ズボンのデザインになります。水着で入れるくらいの気温や水温のときに使ったりします。

子ども用のウェットスーツとしても着脱がしやすいのでオススメです。

怪我防止に使う用途にも向いているので、スプリングの使用用途は幅広いです。

サーフィン ウェットスーツ ショートジョン

ショートジョンは上半身袖なし、下半身膝上のデザインです。沖縄の海でも昼間は温かいけど、朝、夕は少しひんやりする時期などに使ったりします。

最近はフロントジップ式のタッパーと組み合わせて使う方も多くなりました。

また、沖縄ではボトムがリーフ(海底がサンゴや岩)なので怪我防止のためにショートジョンを真夏に使うのもアリです。

子どもたち用のサイズもあるので、ぜひぜひ活用したいウェットスーツですね。

サーフィンウェットスーツ ワンピース

ワンピースは女性仕様のワンピース型ショートジョンと言われています。見た目もかわいいですが、1番は日焼け跡のラインが綺麗に見えることでしょう。

ワンピース型のウェットスーツを愛用している友人の女性も、タッパーやロンスプと違って日焼けあとが目立たないのがすごく良いって言ってました。

夏場のビキニでは寒い季節なんかにオススメです。

サーフィンウェットスーツ タッパー

筆者がよく着用しているウェットスーツがこのタッパーです。筆者はとても寒がりなので、沖縄の夏でも少し気温が下がったりするとタッパーをすぐ着けます。

怪我防止にもなりますし、水着と一緒に着られるのでとても楽チンです。

一着持っているとハワイやバリなどのサーフトリップでも活躍するのでオススメですよ。

サーフィンウェットスーツ ベスト

ベストタイプのウェットスーツは真夏でも体温の保持や、怪我防止に繋がるので使い勝手が良いウェットスーツです。

タンクトップスタイルなので、腕に日焼けあとが付かないのがいいですね。

また真夏でも台風のように風が強い時に着用すると寒く感じないので、意外と活用シーンは多いです。

サーフィン ウェットスーツ 5mm、3mm、2mmとは?

サーフィンで使うウェットスーツには5mm、3mm、2mmという言葉がよく使われます。

これはサーフィンのウェットスーツに使われている生地の厚みを表す単位です。

生地が厚ければ保温性が増しますが、その反面で動きにくくなるデメリットもあります。

そのため、4mm/3mm、5mm/3mmという形で腕の部分は生地を薄くして、胸や背中などは生地を厚くしているウェットスーツもあります。

単純に厚くすれば体温保持ができるというものではなく、ウェットスーツの素材や、サイズによっても大きく変わってきます。

沖縄では真冬でも3mmジャーフルで十分ですが、筆者は寒がりなので4mm前後のジャーフルを使うことが多いです。

サーフィン ウェットスーツ素材の違いは?

ウェットスーツの素材は大きく分けて2つあります。1つがスキンと言われるラバー素材を使ったもの。もう1つはジャージと言われる伸縮性に優れた素材を使ったものがあります。

スキン(ラバー素材)のメリットは防寒性に優れているところですが、爪で引っ掻いたり、なにかに引っ掛けたりすると破れてしまうこともあります。

ジャージ素材のメリットは伸縮性が高いことです。最新のウェットスーツでは生地が改良されていてジャージでもスキン並みに保温性が高いものや、滅多なことでは破れないような素材に進化しています。

沖縄のように海水温が高い地域ではジャージ素材のフルスーツ、もしくは胸と背中部分にラバー素材を使用しているウェットスーツであれば真冬でも寒さを感じずにサーフィンができます。

サーフィン ウェットスーツ おすすめブランド

サーフィン用のウェットスーツを販売しているブランドはとても多いです。またサーフィンに限っては性能以外に、ブランドのかっこよさ、環境への配慮などの付加価値も加わるので、一概にどのブランドがオススメとは言いにくい雰囲気があります。

多くのサーファーは地元で愛されているウェットスーツブランドを使うことがステータスにもなります。

また、地元のサーフショップで購入・オーダーすることもサーファー同士の繋がりに発展するのでウェットスーツを購入すること以外にもメリットが多いです。

しかし、最近はAmazonや楽天市場のようなネットショップで海外ブランドのウェットスーツや、品質の高いウェットスーツも格安で購入することができます。

筆者は人見知り、地元サーファーの繋がりがほとんどないため、ネットショップでボードやウェットスーツ、サーフグッズを購入しています。

人それぞれの選び方がありますが、私がおススメするウェットスーツのブランドをまとめていきます。

パタゴニア ウェットスーツ

パタゴニアは当ブログを読んでる方にオススメのウェットスーツです。

性能そのものよりも、サーファーとしての在り方、自然環境への意識など、多くのことにおいてメリットがあります。

特にYULEXと呼ばれる自然素材の植物ベースから作られたウェットスーツは世界中で話題になりました。

環境負荷が少ない製品を取り扱い、ブランドメッセージも強烈なPatagoniaは当ブログ一押しのブランドです。

パタゴニア

Fellow ウェットスーツ

Fellow ウェットスーツはJPSA公認のウェットスーツブランドですが、私は全く知りませんでした。

Amazon や 楽天市場 で売れているウェットスーツらしいのですが、その評判がすごく良いので気になっています。

縫製やステッチについても悪い評判が少なく、素材も最新のものを採用していながら、低価格でハイパフォーマンスなウェットスーツになっています。

オンラインでの取り扱いのみになるので、コスト削減に成功しているようです。既製サイズのウェットスーツを購入しても、返品交換に応じてくれるらしいので、今度試しに購入してレビューしてみます。

カービーウェットスーツ(沖縄)

沖縄でサーフィンをしているなら、カービーウェットスーツがオススメです。セミドライからジャージのフルスーツまで幅広くウェットスーツの製品を揃えています。

特にオススメしたいのがSUPフロートベストです。

1mmジャージでベストタイプのウェットスーツでありながら、フロントと背中にフロート(浮く素材)が入っています。

SUPレースの安全対策用に考案されたウェットスーツですが、ポケットも豊富ですし、沖縄でサーフィンする時に役立ちます。

カービーウェットスーツ公式サイトはコチラ

アイランドブレイク沖縄 ウェットスーツ

沖縄県内では昔からサーフィン用のウェットスーツオーダーを請け負ってくれてるサーフショップです。

私もサーフィンを始めた当初は、アイランドブレイク沖縄にとてもお世話になりました。

今でもウェットスーツをオーダーできるので、ぜひ沖縄県でサーフィンを始めるときは利用してみてください。

アイランドブレイク ウェットスーツオーダーはコチラ

Dove ウェットスーツ

Doveは日本のサーフィン用ウェットスーツ業界で最も歴史があるウェットスーツブランドの1つです。

Dove ウェットスーツはプロサーファーの脇田貴之選手をサポートし続けているウェットスーツブランドであり、歴史が長く、日本のサーフシーンを牽引してきたウェットスーツブランドなので人気が高いブランドです。

DOVE FULL SUITS 3/2mm ダブ フルスーツ DS-MODEL ウェットスーツ

BeWet ウェットスーツ

2017年に50周年を迎えたBewetは、どんな時代でも最新の素材、最新のパフォーマンスに合わせてウェットスーツを作っているメーカーです。

  • INFINITY
  • Bewet Passion
  • XBack
  • Free Shoulder

などサーファーの動きをとことんまでサポートする機能を備えたウェットスーツが多いのも Bewet ウェットスーツの特徴です。

常に最新のテクノロジーやマテリアル(素材)を採用している Bewet はだれでも一度は使ってみたいと思うウェットスーツブランドですね。

2019 BE WET OCEAN FRONT COVER 3mm FULL BLACK ジャージ ウェットスーツ (XL)
BE WET 正規品

オニール ウェットスーツ

オニール社と言えば「サーフィン用ウェットスーツ」を生み出した世界的ブランドです。

創業者のジャックオニール氏の有名な言葉に「I just wanted to surf longer(私はただ、より長くサーフしたかった)」に表されるように、自分たちがサーフィンするためにウェットスーツの開発に至ったという話です。

オニール社の創業者、ジャックオニール氏は2017年94歳でこの世を去りましたが、いまなお最新のウェットスーツを世に出し続けるオニール社の製品は今後も世界中で愛されるウェットスーツになるでしょう。

オニール社のウェットスーツはカラフルなカラーのウェットスーツもオーダーできるので、おしゃれなウェットスーツが欲しい方にオススメです。

ビラボン ウェットスーツ

ムラサキスポーツでも取り扱われているビラボン のウェットスーツは、日本でも人気が高い海外ブランドです。

ビラボンと言えば「元CTワールドチャンプのパーコ(ジョエルパーキンソン)」を長年サポートしてきたブランドとして有名です。WSLをサポートしていることもあり、全世界的に人気の高いブランド。

既製品であれば日本でも5万円以下で3mmフルスーツが手に入るのでコスパも良いですね。カッコいいのでオススメです。

19 BILLABONG(ビラボン) 2019年 バリュー 3ミリ フルスーツ BACKZIPPER(バックジッパー)春夏用 SYERGY SERIES ジャージ仕様 ウェット ビラボンウエット 【レディースモデル】品番AJ018-006 日本正規品 ウェットスーツ 1COR MLサイズ
BILLABONG(ビラボン)

リップカール ウェットスーツ

リップカール は筆者が一番最初に購入したウェットスーツなので、今でも思い入れが深いブランドです。

スリータイムスワールドチャンピオンのミックファニングをサポートし続けるリップカール は、見た目も性能も非常に高いウェットスーツを作り続けています。

ラインナップはいくつもありますが、サイズ展開も多く、リーズナブルな価格で手に入れるシリーズもあります。

最近では H-BOMB POWER HEATED VEST という電力加熱型のヒートベストなども開発しており、最新テクノロジー×サーフィンを追い続けているリップカール の姿勢が大好きです。

ハーレー ウェットスーツ

ナイキに買収されたハーレーはアメリカ西海岸カルチャーを色濃く反映したお洒落なブランドです。

ウェットスーツのラインナップも人気で、特にアドバンテージエリートシリーズは品質も見た目もトップクラスのウェットスーツです。

エクセル ウェットスーツ

ハワイのノースショア生まれのウェットスーツブランドで、私もこれまでいくつか愛用してきました。

価格も手頃なものが多く、Amazonでも最新モデルが購入できるのがおススメです。

クイックシルバー ウェットスーツ

サーフィン業界の大手ブランド「クイックシルバー」のウェットスーツは価格と製品のバランスが良く、世界中で愛用されています。

吊るしで買うことがほとんどなので、サイズが合えばコスパに優れたウェットスーツになります。

XCEL(エクセル) 2018年 ウェットスーツ バックジッパー シーガル 春夏用 ウェット 品番AI268-051 メンズ 0BLK MLサイズ
XCEL/エクセル

サーフィン ウェットスーツ 種類と選び方のまとめ

サーフィンで使うウェットスーツには、過去のサーファーたちが培ってきた経験や叡智が生かされた製品です。

保温性、運動性能、環境配慮など、サーファーたちの想いがテクノロジーと合わさって生まれた製品ですが、今ではインターネットでも色々なウェットスーツが安価で手に入るようになりました。

本記事が、あなたのサーフィンライフ、ウェットスーツ選びの参考になれば幸いです。

ヒガシーサー

ヒガシーサー

サーフィンライフハック編集長。得意分野は初心者目線でサーフィン上達方法を解説すること。サーフィン歴20年、沖縄在住2児の父、ブログとYouTubeが本業。著書「ブログで簡単!アフィリエイト 稼ぐ力をつけるための教科書(4刷)」他3冊。

FOLLOW

カテゴリー: