サーフィン陸トレグッズ7選!本当にトレーニング効果の高いものだけを厳選

6 min

こんにちは、ヒガシーサーです。

本記事はサーフィン初心者〜中級者が、最速で上達を実感できる陸トレグッズをまとめています。

参考にしてもらえたら嬉しいです。

さて、突然ですがあなたはサーフィンの陸トレしていますか?

きっとこの記事を読むぐらいですから、サーフィンの向上心が高いと思います。

サーフィンは上達がむずかしいスポーツなので、そのスポーツを楽しもうとしているサーファーさんは、本当にカッコいいと思います。

でも、もしかしたら私のように効果のない陸トレや、間違った陸トレをしているかもしれません。

間違った陸トレやサーフィンを続けていると、私のように10年以上も上達できなかったり、怪我をしたり、痛みを我慢しながら続けないといけなくなるかもしれません。

それだとちょっともったいないですよね。

本記事では、陸トレグッズもまとめていますが、その陸トレグッズの使い方もまとめました。

最速で上達できるサーフィンの陸トレグッズ

サーフィン初心者〜中級者の方でも、ちゃんと効果を実感できるサーフィンの陸トレグッズをまとめました。

最速で上達できるサーフィンの陸トレグッズ
  • カーバースケート
  • バランスドーム/BOSSボール
  • バランスディスク 2つ
  • 42インチ以上のボディーボード
  • 陸でも海でも使えるソフトボード
  • トレーニングベンチ
  • ジェンガ クラシック
  • コレクティブサーフィンフィットネスで正しい陸トレを学ぶ

Amazon スポーツ関連タイムセール祭りが5月16日まで開催中!

カーバースケート おすすめのサーフスケート

サーフィンの練習に最適なサーフスケートは「CARVER SKATE」になります。選び方はホイールベースが16〜18インチの長さがオススメです。

直径60cm以上のバランスドーム

サーフィンの基本動作「傾ける、ひねる、屈伸する」を練習するために使います。オススメは直径が60cm以上のものです。

バランスディスク 2個

バランスディスクも「傾ける、ひねる、屈伸する」の基本動作を練習するのに向いています。両足を乗せるように2つあると使いやすいです。

イメトレ用のソフトボード(ボディボードでも可)

サーフィンのテイクオフやパドリングのイメージトレーニングをするときに使っています。バランスドームと組み合わせてサーフィンのスタンスを練習しながら、基本動作を練習することもできます。

オススメは海でも楽しめて、陸でも練習できるソフトボードです。

私は陸でしか使えない子供用のソフトボードを使っていますが、それ以外の用途に使えないので、できれば海でも使えるソフトボードをオススメします。

また42インチ以上のボディーボードであれば、テイクオフやパドリングのイメージトレーニングもできるので、安価に揃えたい方はそちらもオススメです。

足裏、足指の感覚を鍛えるジェンガブロック

サーフボードは足の裏でコントロールしますが、足の裏や足の指を動かすトレーニングをしている人は少ないです。足でジェンガブロックを積み上げる練習が効果的だと学びました。実際にめちゃめちゃ効果あります。

ハズブロ(HASBRO)
¥1,636 (2022/07/06 00:06:09時点 Amazon調べ-詳細)

トレーニングベンチ

ソフトボードを上に置いて、パドリングやテイクオフの練習をするために必要なトレーニングベンチ。1台あるとサーフィンの陸トレに色々使えて便利です。

正しい陸トレを学べるサーフィンのオンラインスクール

陸トレグッズを揃えても、トレーニング方法や意識するべきところが間違っていたら逆効果になります。19年も間違ってきたので、私はオンラインスクールで学んで、コーチからアドバイスをもらえる環境に投資しました。

サーフィンのトレーニングアイテムのほとんどは効果がない

実はサーフィンの陸トレアイテムには、サーフィン上達に効果のあるものはほとんどありません。

はい、終了。

この記事で伝えたいことは全て否定されました。

…違うんです。

実はサーフィンの陸トレで大切なことは、正しい道具を選んで、正しい練習方法を行うというハードとソフトのアップデートが必要なんです。

簡単に言うと、10年前の iPhone を使い続けるか、最新の iPhone を使うかの違いですね。

例えば iPhone が最新でも、中身のソフト(iOS)が古いままだと、正しい使い方ができません。

逆に10年前の iPhone に最新のソフトを入れても、上手に作動できませんよね。

サーフィンもそれと同じで、正しい道具と道具を使うための知識をアップデートする必要があります。

筆者は約19年間、サーフィンを独学で練習してきた結果、肩や肘に故障を抱え、サーフィンも上達できませんでした。

今まで購入してきたサーフィンの陸トレアイテムを列挙すると、スラスター系のサーフスケート、SurfStikというサーフスケート、その他サーフスケート、パドルアップというパドリング強化のアイテム、有料のサーフィン情報商材、バランスボード、バランスキューブ・・・その他いろいろ。

サーフィンが上手くなるというアイテムなら、なんでも買って試してきました。

しかし、残念ながらそのどれもがサーフィン上達どころか、サーフィンに変な癖が付いたり、肩や肘を痛める結果になってしまいました。

その原因は新しい道具を手に入れても、道具の使い方をアップデートできていなかったから。

例えば、中学生の頃にかじった程度のスケボーの乗り方を、サーフスケートでも実践しちゃう。そんなところですね。

そこで質問。

自己流、古い知識や経験のままで道具を選び、その道具で練習して上達しますか?

それとも、正しいメソッドを活用して、さっさとサーフィンのステップアップをしますか?

どっちでもいいんです。

私はこの記事に辿り着くような向上心の高いサーファーさんを尊敬しています。

そして、できれば私のような遠回りはしてほしくないと思っています。

そのために、サーフィン初心者〜中級者が実践しても必ず効果が出る陸トレグッズを集めました。

サーフィンの知識と道具はスマホと一緒。アップデートしていこう。

カーバースケートで陸トレをアップデートする

サーフィンの練習に欠かせないアイテムと言えば「サーフスケート」です。

人気なものはカーバースケート、YOW、スライドなどですが、私が愛用しているのは「CARVER カーバースケート」です。(全部試しています)

カーバースケートを選ぶ理由はサーフィン先進国のオーストラリアでもスクールやコーチングで使われているからです。

オーストラリアは男女ともにサーフィンの世界チャンピオンを最も多く輩出し、競技サーフィンの歴史もある国です。

筆者はオーストラリアの科学的メソッドに脳内ソフトをアップデートしました。(身体能力というハードはしょぼいけど)

そのオーストラリアのサーフィンスクールで使われているのが「CARVER カーバースケート」だったので、カーバースケートを使っています。

カーバースケートのメリット

これまでに SURF STIK、スラスター、グラビティ、スライド、YOW、ウッディプレス、普通のスケボーなどを使ってきました。

今でも YOW や ウッディプレス は使っていますが、最もサーフィンの上達に繋がっているのは「カーバースケート」と断言できます。

カーバースケートはターンの反発を再現できるので、基本動作の「傾ける、ひねる、屈伸する」を正しく反復練習できるんですね。

この「傾ける、ひねる、屈伸する」は、ケリースレーターがサーフィンの基本動作はこの3つだけだよと言っているそうです。

だからそれを練習すれば上達すると。

シンプルで分かりやすいですね。

サーフスケートの価格は高いですが、サーフボードと比べると半額以下で購入できるので、費用対効果は高いです。

1回のサーフィンで練習できる時間は合計で1分程度しかありません。それに比べてサーフスケートは1日で1時間練習することもできます。

これはマルコム・グラッドウェル氏が提唱している「1万時間を費やせば誰でもプロフェッショナルになれる」という1万時間の法則を満たすために大事なことです。

カーバースケートの選び方

ショートボードの練習に向いているカーバースケートの選び方は、ホイールベース16インチ〜18インチのものがオススメです。また、参考値としてカーバースケート公式ページの画像を参考にするのもオススメです。

引用元:https://carverskateboards.co.uk/pages/surfskate-selector

おすすめモデルはホイールベース17インチ前後で、CX4トラックを採用している TRITON か REZIN モデルです。

関連記事:サーフスケートおすすめ5選!サーフィン上達に欠かせない練習用スケボーまとめ

バランスドームで基本動作を練習する

バランスドームはサーフィンの基本動作「傾ける、ひねる、屈伸する」を練習するために使います。

バランスドームの選び方
  1. 直径60cm以上のもの
  2. 全高が23cm以下になるもの
  3. 底面のゴム足が厚目のもの

以上の条件を満たしていれば大丈夫です。

一番いいのは BOSU BALL(ボスボール) になりますが、価格がちょっと高いのでコスパを考えて類似品のバランスドームをオススメしています。

コチラです↓

バランスドームの滑り止め

バランスドームをサーフィンの練習で使うときは底面を上にして使います。

その際、デフォルトの状態だと滑りやすくて危険です。

ワックスシートを貼り付けたり、色々試しましたが、一番いいのはジョイントマットをくり抜いて使うのが滑りにくくて一番オススメです。

やり方はコチラ↓

ジョイントマットは大判60cm、厚さが10mm〜15mmのものを選ぶとピッタリサイズで作りやすいです。

オススメはコチラ↓

バランスディスクは2個セットが基本

バランスディスクは2個使います。

体幹を鍛えるために欠かせないトレーニンググッズです。

ソフトボードがあれば、バランスディスクの上に置いてテイクオフの練習やパドリングの練習もできます。

陸トレ用のソフトボード・スポンジボードはサーフィンのトレーニングに最適

陸トレ用のスポンジボードがあれば、サーフィンのイメトレができるようになります。

私は子供用のソフトボードを使っていますが、海では使うことができないので、正直ちょっと無駄だなと思っています。

なので、もし陸トレも兼ねて練習したいと思っているなら、海でも使えるソフトボードがオススメです。

陸トレのことも考えて「フィンの取り外しができる」「ワックス不要」のタイプを選ぶといいでしょう。

ワックスを使っちゃうと陸トレでは使いにくくなるのでオススメできません。

ワックス不要のソフトボードはコチラ↓

トレーニングベンチでパドリングとテイクオフを練習する

トレーニング用のフラットベンチがあれば、ソフトボードを上に置いてパドリングの練習ができるようになります。

テイクオフのイメージトレーニングもできるので、一台あるとサーフィン上達速度が圧倒的に速くなります。

本格的なウエイトトレーニングをするわけではないので、安いものでも大丈夫です。筆者はトレーニング用ではなくて普通のフラットベンチを使っています。

ジェンガブロック 足の指の柔軟性を養う陸トレアイテム

ジェンガブロックはサーフィンのオンラインスクール「Corrective Surf’n’ Fitness」で推奨されている陸トレアイテムです。

ジェンガブロックを足の指を使って組み立てていくという作業を行います。

人間は本来、足の指も手の指と同じように扱えるそうです。

神経の数や骨の数がほぼ同じなので。しかし、脳から最も遠い位置にあるため、神経伝達にタイムロスが生まれ、訓練をしないため、足の指を使えないヒトがほとんどだそうです。

先天性や何らかの事故により腕を失ってしまったチャレンジングパーソンの方が、足の指を使って日常生活をこなしている動画をご覧になっている方も多いと思いますが、あれは訓練すると使えるようになるというロールモデルですよね。

サーフィンは足を使います。

足の指が使えない状態でサーフィンをするより、足の指を動かせる状態でサーフィンした方がより神経伝達のスピードが上がり、体重移動や重心移動も正しく行えるようになります。

ということで、ジェンガを使って足の指トレーニングをしましょう。

ハズブロ(HASBRO)
¥1,636 (2022/07/06 00:06:09時点 Amazon調べ-詳細)

パドリング強化はゴムチューブやタオルで行う

薄手のバスタオルは肩や肩甲骨周りが強張っている30代以上の方にオススメです。私自身も肩に脱臼癖を抱えているので、サーフィンに恐怖感があります。

またデスクワークがほとんどなので、肩こりにも悩まされています。

その悩みを解消してくれるのが「タオルストレッチ」です。厚手ではなく、薄手のバスタオルを使うことで肩、肩甲骨の柔軟性をトレーニングすることができます。

パドリングの強化には欠かせない柔軟性ですので、ぜひ実践しましょう。

我が家ではサーフィンをしない妻にも実践してもらっています。すごく効果を実感しているみたいです。

サーフィンのオンラインスクールで正しい陸トレ方法を学ぶ

サーフィンのオンラインスクールで学ぶというのは、簡単に言うと iPhone の iOS アップデート のようなものです。

筆者は35歳で古い知識や練習方法を全部忘れて、新しい OS をインストールしました。

分かりやすいのが以下の事例です。

カーバースケートを買って練習しようとしても、Youtubeで学べる動画の多くは間違っている(ズレている)ことが多いです。

そもそも日本ではサーフスケートの練習方法が体系化されていないので、ほぼ100%が経験則なんですよね。

国内のプロの動画を自己流で解釈しても、プロの知識と経験、身体能力は備わっていないので、理解にズレが生まれて、サーフィンの上達に繋がらないことも多いです。

実際に私がそうだったので、オンラインスクールに参加して、コーチからも直接アドバイスをもらえる環境に投資しています。

上記の動画のような形で、サーフスケート、家で出来る陸トレ、知識や練習方法のアップデートを行いました。

主にクレイトン・ニーナバー氏のメソッドを使ってアップデートしています。

もし、まだ古い サーフィン OS を使っているなら、サクッと新しい OS をインストールしてアップデートすることをオススメします。

サーフィンの陸トレグッズまとめ

最速で上達できるサーフィンの陸トレグッズ
  • カーバースケート
  • バランスドーム/BOSSボール
  • バランスディスク 2つ
  • 42インチ以上のボディーボード
  • 陸でも海でも使えるソフトボード
  • トレーニングベンチ
  • ジェンガ クラシック
  • コレクティブサーフィンフィットネスで正しい陸トレを学ぶ

本記事では筆者が実際にサーフィンの練習目的で活用してきたアイテムをまとめました。

サーフィン初級者の視点、長年上達できなくて悩んできた経験を元に、効果を実感できたトレーニンググッズだけを紹介しています。

サーフィンを上達したいと考えているあなたの参考にしてもらえたら嬉しいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*