▷Youtubeチャンネル登録で最新情報をGET

2021年 サーフィン用タオルポンチョ オススメ3選と買ってはいけないポンチョまとめ

4 min 2,444 views
ポンチョ

本記事はサーファーが海で使う「お着替え用のタオルポンチョ」をまとめた記事になります。

サーフィン用のタオルポンチョは色々な種類がありますが、実は買っていいものと、買ってはいけないものがあります。

本記事で紹介しているポンチョは、サーフィン、子供たちとの海水浴、プールなど実際に使用してきた中から、サーファーにオススメのタオルポンチョをまとめています。

サーファーの参考にしてもらえたら嬉しいです。

サーフィン用タオルポンチョは2種類ある

サーファーがサーフィンで使うタオルポンチョを大別すると2種類の製品に分かれます。

  • タオル生地のポンチョ
  • マイクロファイバー素材のポンチョ

大きく分けてこの2種類に分けることができます。筆者はタオル生地、マイクロファイバー素材の2種類をいろいろ試してみて、マイクロファイバー素材のタオルポンチョをオススメしています。

マイクロファイバー素材のタオルポンチョをオススメする3つの理由

マイクロファイバー素材のタオルポンチョは次の3つの理由からオススメしています。

  • 水分をよく吸ってくれる
  • 乾きが早い
  • 嵩張りにくい

マイクロファイバー素材は通常のタオル生地と違って、水をよく吸って速く乾いてくれます。

通常のタオル生地では、洗濯して乾燥機に入れてもフード部分がちゃんと乾いてないという問題が多々発生します。

マイクロファイバー素材のポンチョは速乾性が高いので、帰りの車の中ですでに乾いていたりするので、すごく便利に使えます。

ただし、私が愛用しているFCSのタオルポンチョは非常に薄手なので冬の防寒にはなりません。なので、冬場にはFELLOWのタオルポンチョを使って、季節に合わせて使い分けるようにしています。

買ってはいけないタオル生地のポンチョ

タオルポンチョ

買ってはいけないタオルポンチョは「タオル生地」のポンチョです。その理由はコチラです。

  • 乾きにくい
  • 洗いにくい

以上です。特に家庭持ちのサーファーは気をつけたいところですよね。

洗濯機と乾燥機を使っても乾かない、それでいてタオル記事のポンチョは大きくて嵩張ります。

子育てをしている家庭にとって、洗濯スペース、洗濯から乾燥までの高効率は何よりも大事ですよね。

そんな中、洗いにくい、乾きにくいタオル生地のタオルポンチョを使ってしまったら・・・我が家では使用禁止になりました。

というのが理由です。サーフィン後の水を吸う、暖かいという基本性能にマイナスポイントはありませんが、家庭での取り扱いがマイクロファイバーと比べてマイナスポイントが加算されてしまうため、タオル生地のポンチョはオススメしにくいです。

冬は FELLOW マイクロファイバー素材のタオルポンチョを愛用

FELLOW タオルポンチョ

FELLOW マイクロファイバー素材のタオルポンチョの特徴は次の通りです。

  • Amazon3,000円ぐらいで買える
  • FCSよりは厚手
  • フードが広い(女性が使いやすい)

FELLOWのタオルポンチョはコスパも高く、FCSよりは厚手に作られているので冬場のお着替えポンチョとして使っています。

フード部分が他のタオルポンチョと比べても大きめなので、髪の長い女性でも使いやすいですよ。

夏は FCS マイクロファイバー素材のタオルポンチョ

FCS タオルポンチョ

FCS マイクロファイバー素材のタオルポンチョの特徴は次の通りです。

  • 薄手で乾きやすい
  • 軽い
  • フード部分は水を吸いにくい

FCSのタオルポンチョは薄手で乾きやすいので、夏場のタオルポンチョとして活躍してくれます。沖縄だったら通年これでも大丈夫って感じですね。

軽いので持ち運びも楽ですし、何より洗濯や乾燥にストレスが少ないっていうのは大きなメリットです。

ただ、フード部分は水をあまり吸ってくれないので、髪の長い方や女性は、別でフェイスタオルを使うのがオススメです。

袖部分がブツっと切ったようなスタイルなので、見た目もかっこよくて気に入っています。

タオル生地のお着替えポンチョ

タオル生地のポンチョ

タオル生地のお着替えポンチョの特徴

  • 肌触りが気持ちがいい
  • 厚手で暖かい
  • 乾きにくい

タオル生地のお着替えポンチョは吸収性や速乾性では劣りますが、ふわふわのタオル素材がとても気持ちいいです。種類も豊富で価格も安価なので手に入れやすいと思います。

アフターサーフィンの水拭きには向いていませんが、防寒対策や着替える用途で使うならタオル素材のお着替えポンチョも活躍してくれます。

注意点としては「洗濯機でかさばる」と「乾きにくい」点です。この2点の問題点が気にならなければタオル素材のお着替えポンチョも有りですね。

サーフィンにタオルポンチョを使うメリット

タオルポンチョを使うメリットは次の3つです。

  • 寒くない
  • 着替えが楽チンで早い
  • そのまま帰れる

タオルポンチョを使い始めてから、夏場も冬場も着替えのストレスが無くなりました。

まず着替えてる時に寒くないというのは大きなメリットです。

そして、着替えが楽チンというのも大きなポイント。ウェットスーツの脱着もタオルのズレを気にせずに着替えることができるので、めちゃめちゃ楽チンになりましたね。それに伴って、着替える時間も半分以下にできました。

個人的に一番大きなメリットは、タオルポンチョのまま車に乗って、そのまま家に帰れるという点です。着替える必要がないので海から上がって5分で帰るということもできます。

他にもいくつかメリットがありますが、私の妻の意見も掲載しておきます。

タオルポンチョを使っている男性は好感度高い

これは意外だったんですが、女性からタオルポンチョを使っている男性の好感度が非常に高いそうです。その理由は次の3つ。

  • 裸を見たくないから
  • 清潔感を感じる
  • サーフィン後のタオルポンチョ姿がかわいい

だそうです。特に見たくもない上半身裸や、ポロリを心配しなくていいという点はすごく好感度高いそうですね。

「同意のない露出」って考えてみれば「公然わいせつ」に抵触するので、社会人としては気をつけるべきかなと思います。

Youtubeやインスタグラムで男性の乳首露出が禁止されているのも「良いことではない」からなんですよね。私もその点には気をつけています。

またタオルポンチョを使っている男性は清潔感を感じるという声もありました。その点は完全に同意なんですが、タオルポンチョを使ってる時点で、いろいろと意識が高いはずなので、同意しかないです。

あとサーフィン後のタオルポンチョ姿がカワイイって声もありました。バスローブはセクシーだけど、タオルポンチョはキュートに見えるそうですね。

男性がタオルポンチョを使うと、こういうメリットもあるみたいですね。

お着替えポンチョは FCS か FELLOW がオススメ

以上の理由からサーフィン用のお着替えポンチョは「マイクロファイバー素材お着替えポンチョ」をオススメします。参考になれば嬉しいです。

そして、その中でも私が愛用している「FCS」「FELLOW」のタオルポンチョがオススメです。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*