▷Youtubeチャンネル登録で最新情報をGET

毎日20分も無駄にしている!時短に繋がる超効率サーフグッズ12選まとめ

7 min 1,304 views
サーフグッズ

本記事で紹介している「時短に繋がる超効率サーフグッズ」を使ってないサーファーは年間16時間以上もの貴重な時間をドブに捨ててることになります。

内約はサーフィン前後の準備で20分、週1回のサーフィンを12カ月で計算すると約16時間になります。もちろん準備や時間以外にも時間を奪っている作業が沢山あるので、本来はもっと多くの時間を損失しています。

最低でも20分という意味でタイトルに書きました。

当サイトの読者は「大人サーファー」なので、時間こそが最も価値の高い資源ということを知っているはず。

なので本記事で紹介しているサーフグッズを揃えて金で時間を買う」を徹底しましょう。

サーフィン歴20年、19年間、間違ってたシリーズでお馴染み?時間を世界一無駄にしてきたヒガシーサーが「時短に繋がるサーフグッズ」をまとめて紹介していきます。

サーフグッズは「時短になるか?」で選ぶ

サーフグッズ
  • 時短が目的
  • ワックスアップの時間を削減する
  • フィンの脱着時間を削減する
  • サーフボードの片付けや準備の時間を削減する
  • ウェットスーツ脱着の時間を削減する
  • 日焼け止めの塗り落としの時間を削減する

このチェックリストを活用してサーフグッズを選ぶようにしてください。

便利なサーフグッズは地球の生き物と同じくらいあります(ないけど)。その中からサーフグッズを衝動買いしてしまうのはお勧めできません。

まずは「目的」をはっきりさせて選んでいきましょう。

サーフィンの便利グッズを購入するときは「時短に繋がるか否か」で選ぶようにしてください。そうすると煩悩が抑制されます。

あなたの時間を奪い続けるサーフィン5項目をリストアップ

時短に繋がるサーフグッズを選ぶ前に、自分の時間を奪っている行動をリストアップしていきましょう。

  • ワックスを塗る剥がす、選ぶ、買う
  • フィンの脱着
  • サーフボードの準備と片づけ
  • ウェットスーツの脱着
  • スキンケア、日焼け止め

ざっとリストアップしてもこれだけの時間の無駄が発生します。そして、この無駄な時間を時短にするためにサーフグッズを選んでいきます。

石油系ワックスは海も壊し、あなたの時間も奪う

ワックスは環境に悪い

石油系ワックスが擦れや摩擦で少しずつ剥がれて、海を汚しています。

全サーファーにお勧めしたいのが「ワックスアップの時間を失くせ」ということです。

そもそも売られているサーフワックスは石油由来のパラフィンを主成分にしています。

パラフィンは水に強く、水に溶ける量はごくごく微量ですが、魚が間違って食べることもあるでしょうし、そうなると海の食物連鎖が崩れて、結果的に環境汚染に繋がります。

日焼け止めも同様に「海に環境負荷を与えない製品」を我々、大人のサーファーは使わなければいけません。

ワックスアップにかかる時間は年間16時間以上!タイムイズマネーの大人には似合わない

ワックスアップ

また、ワックスを塗ったり剥がしたりする時間も大問題。塗るのは毎回5分、しかもウェットスーツも汚れます。

ワックスを剥がす時間はもっと苦痛。リムーバーを使っても10分以上、リムーバーオイルを拭き取る時間、片付ける時間、手を洗う時間・・・もうほんと時間の無駄です。

他にもワックスをショップに買いに行くのも無駄です。通販で買えるし、必要だったら大量買すればいいだけ。

一番最悪なのがワックスがいざ必要なときに「無い!」「忘れた!」ってなること。そしたら周りのサーファーにワックスちょっと貸してくださいって聞かないといけない。

こうした一連の作業はすべて「いちばん大事な時間を損している」行為です。

ワックスアップの時間を金で買え!

石油系ワックスは海にも、あなたにも百害あって一利なしです。

ツブツブ感のグリップは捨てがたいですが、時間を奪うものは、お金を使って徹底的に排除するのが大人サーファーの義務です。

いまは幸いにも貼るタイプのワックスシート、ボトム面に貼るデッキパッドの性能が向上しているので、そちらを選びましょう。

毎回のワックスアップの時間も不要、ワックスを剥がす必要もない、ウェットスーツも汚れない。最高です!

貼るワックスでワックスアップの問題を解決する

クリスタルグリップ
クリスタルグリップ

ワックスに恨みでもあるの?

ってぐらいにワックスアップを嫌ってますが、そんなことはありません。

むしろワックスの匂いは大好きだし、上手にワックスアップできたツブツブのグリップ感はサーフィンのモチベーションを高めてくれるので大好きです。

問題は・・・「時間を奪う」ことなんです。

ワックスアップの時間、ワックスを剥がす時間、それらを含む一連の作業は時間の無駄だと思っています。

そのワックスアップの解決策として実践しているのが「貼るタイプのワックスシート」です。

ワックスシートのオススメはグリップ力が高い「クリスタルグリップ」でしたが、いまは販売してないっぽいですね。

グリップ力の評価が高い RS Pro HEXA TRACTION BOARDGRIP が人気です。

貼るワックスのメリットはコチラの記事でまとめています!

フィンプラーが超便利!フィンの取り外しでイライラすることがなくなります!

フィンの脱着ができずにイライラしたことはありませんか?

私は一度手を切ってしまったことがあるので、それからは「フィンプラー」という製品を使ってフィンの脱着をしています。マジで感動するくらい楽になります。

FCS2はフィンキーを使わずにフィンの脱着ができます。最初はコツが要りますが、慣れると簡単に脱着できるようになります。

サーフボードの片付けと準備の時間を短縮してくれるサーフグッズ

サーフキャリア

次にサーフボードの片付けと準備の時間を短縮してくれるサーフグッズを紹介します。

サーフボードを車内に積むカーラックベルト

サーフボードを車内に積んでるヒトにオススメしたいのが脱着できるタイプのキャリアです。

毎回シートを倒してサーフボードを出し入れするより時短に繋がります。また、車内にアシストグリップが3つしかない車でもラックベルトなら簡単に脱着できるので便利です。

必要なときに取り付けて、不要なときに取り外せるところが気に入っています。特に子育て世代には欠かせないアイテムですね。

スロウワーの踏み台がサーフスタンドより便利

サーフボード専用のスタンドも便利ですが、折り畳み踏み台があるともっと便利です。

ワックスアップはしないので、準備や後片付け、洗車やビーチ遊びで重宝しています。

踏み台はなんでもいいですが、Amazonでミリタリーっぽいアウトドアグッズで人気の「スロウワー(SLOWER)」が売っているのでそちらもオススメです。

サーフボードの水気を一瞬で拭き取るスイムタオルが便利

洗車するときに水気を拭き取るスイムタオル(セームタオル)があると、サーフボードの水気を一瞬で拭き取ってくれるので時短に繋がります。

ウェットスーツと水着の脱着を楽にしてくれるアイテム

ウェットスーツ着替え
  • マイクロファイバーのタオルポンチョ
  • ウォーターバケツ
  • ウェットスーツインナー
  • インナーパンツ

上記のアイテムを使うことでウェットスーツを着替える時間を10分時短できます。

マイクロファイバー素材のタオルポンチョを使う!FCS2がカッコいい

お着替えポンチョ

マイクロファイバー素材はサーフボードの水気を拭き取るのにも便利ですが、タオルポンチョもマイクロファイバーにしましょう。

これまでタオル素材のポンチョを使っていましたが、マイクロファイバー製のタオルポンチョにすることで格段に時間を短縮することができました。

タオルポンチョは洗濯機に入れるときにもかさばるし、乾燥機に入れても乾きにくいので、妻から「使わないでね」って言われてたんですよね。(笑)

でもマイクロファイバー素材ならすぐ洗えて、すぐ乾かすことができるので便利。

乾燥機に入れることはできませんが、陰干しで乾くので、超便利です!

冬場はウェットスーツインナー、夏場はインナーパンツで脱着時間を時短する

ウェットスーツインナー

ウェットスーツインナーを着用すれば「ウェットスーツ脱着時のポロン」するのを防げるので着替えるときに便利です。

よくおじさんが平然と着替えてたりしますが、マジであれ最悪なのでやめてください。セクハラです。おじさんの着替えは隠していてもセクハラになります。

なので誰も傷つけないように細心の注意を払う必要があります。

またサーフトランクス用のインナーも夏場に活躍します。

沖縄は「チンクイ」「クラゲ」に大事なところを刺されることも多いので、それを避けるためにもインナーはオススメです。

TOOLS ウォーターボックス が便利

塗れたウェットスーツの持ち運びや着替えのときに使えるウォーターボックスがあると、非常に便利です。

サーファーの間で人気なのは「TOOLS ウォーターボックス」ですが、筆者は以前からイギリス生まれの世界中で愛されているバケツの王様と言われる「タブトラッグス」を使ってきました。

TOOLS ウォーターボックスは四角くて、ひっくり返せばサーフボードスタンドとして使える点が魅力。

TOOLS はコチラです。

KBER サーフハンガー を使う

KBER ウェットスーツハンガーは作りがしっかりしているのでセミドライやドライスーツのような重量のあるウェットスーツでも型崩れせずに干すことができます。

使わない時は折り畳むこともできて、袖を通す部分には穴が開いているので濡れたウェットスーツでも乾きやすく設計されています。

ウェットスーツだけじゃなくて、型崩れを防ぎたいジャケットを吊すこともできます。

干すのが簡単で、乾きも早くなる KBER サーフハンガー は時短に繋がるのでオススメです。

日焼け止めの時短

  • 日焼け止めの塗り方を学んでおく
  • 日焼け止めを塗る場所を少なくする

35歳から美容のプロに学びながらフェイスケアを始めました。サーファーの肌って紫外線リスクが本当にヤバくて、光老化がとても深刻です。

とは言っても日焼け止めを塗ったり、落としたり、スキンケアを行うのは面倒だし時間もかかりますよね。

なので紫外線対策も時短でやっていきましょう。

サーファーのベーシックスキンケア8項目 日焼け止めの塗り方

  1. 擦らない洗顔をする
  2. 化粧水を使う
  3. 乳液を使う
  4. 家で日焼け止めを塗る
  5. 海で日焼け止めを塗る
  6. クレンジングオイルで落とす
  7. 擦らない洗顔
  8. フェイスパックを使う

これが基本のスキンケアです。肌の水分量が少ないと日焼け止めの効果も減少します。なので肌の水分量を高めるために毎日のベーシックスキンケアを取り入れましょう。

例えばサーフィンに行く前は軽く水で顔を洗います。もちろん摩擦はNGなので擦りません。

そして化粧水で水分を補給して、乳液で蓋をします。ズボラな方はオールインワンゲルでもいいと思います。

そして、家でまず一回目の日焼け止めを塗ります。いろんなメリットがありますが、移動中にも紫外線は肌に降り注ぐので家からガードしていきましょう。

海に着いたら日焼け止めをもう一度塗ります。

家でクレンジングオイルを使って日焼け止めを落とし、擦らない洗顔を行います。

洗顔後はフェイスパックを使って肌の保湿と栄養を与えます。

この流れでスキンケアを行うようにしています。最初は慣れないので時間がかかりますが、30代を過ぎてからお肌トラブルで悩みたくない方は、将来的な時短に繋がるのでスキンケアをやっておきましょう。

BILLABONG 長袖ラッシュガードを着用する

ラッシュガード

長袖ラッシュガード、スパッツを使うと日焼け止めを塗る箇所が少なくなるので時短に繋がります。

個人的に肌を露出することがカッコいいとは思っていないので、夏でも冬でもしっかり日焼け対策をしています。

特に便利で使っているのがラッシュガードのパーカータイプのもの。子どもたちと遊ぶときにも便利なのでオススメです。

愛用しているのはラッシュガードのパーカーのタイプです。ビラボン公式サイトのファミリーセールのときに購入しました。

BILLABONG レギンスを使う

見た目的にNGなヒトも多いかもしれませんが、サーフトランクスの下にレギンスを履くのもオススメです。

私は「BILLABONGのレギンス」を使っています。トレーニング動画の時も着用しているので便利です。

またチンクイやクラゲ対策としても使えるので時短に繋がってきます。

BILLABONG サーフハットを被る(サーフィン用の帽子)

ビラボン サーフハット

夏用のサーフィンハット、冬用のサーフキャップという感じで使い分けています。

サーフハットも見た目が著しく悪くなるので、見た目を損ないたくない方は BILLABONG のサファリハットタイプ(つばが広いタイプ)のサーフハットがオススメです。

私もビラボンのサーフハットを愛用しています。

サーフキャップはヘアケア対策として使う

サーファーは肌だけじゃなくて、髪の毛や頭皮も紫外線ダメージを蓄積しています。なので帽子は夏でも冬でも欠かせません。

クイックシルバーのキャップは乾きやすくて軽いので、ヘアケア対策として使っています。

ただ日焼け対策としてはイマイチ。首が焼けてしまいます。

夏でもフルスーツを着用する(子ども)

子どもたちは夏でもフルスーツを付けてもらっています。いろんな目的がありますが、ウェットスーツって楽なんですよね。

しかも安い!品質は高くありませんが、子どもたちはすぐに大きくなってしまうので、ワンシーズン使い捨てるぐらいの感覚で購入しています。

体温低下、日焼け、怪我防止のためにも我が家は夏でもウェットスーツを付けてもらうことが多いです。

時短に繋がるサーフグッズまとめ

サーフィングッズ
  • 時短に繋がるサーフグッズを選ぶ
  • ワックスアップの時間を削減する
  • フィンの脱着時間を削減する
  • サーフボードの片付けや準備の時間を削減する
  • ウェットスーツ脱着の時間を削減する
  • 日焼け止めの塗り落としの時間を削減する

以上が時短に繋がるサーフグッズのまとめでした。

ビジネスマンとして、大人サーファーとして、「なるべくサーフィンの時間は大切にしていきたい」という想いからサーフィン時短術に命をかけています。

便利なサーフグッズ選びにはヒトそれぞれ目的があります。

「ヒガシーサーのサーフィンハック」では「便利グッズは時短のために選ぶ」を基準にしてきたので、自分のライフハックを紹介しています。

もし参考になったら「ツイッター」「フェイスブック」でシェアしてもらえると嬉しいです。

また、ユーチューブチャンネルでは、テキスト情報だけでは伝わらない内容を動画でまとめていますので、コチラもチャンネル登録してもらえたら嬉しいです。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*