▷Youtubeチャンネル登録で最新情報をGET

神コスパ!サーフィン用のスマートウォッチに Xiaomi Mi スマートバンド をオススメする理由

4 min 379 views
Xiomi Mi スマートバンド

サーフィン用の腕時計に Xiaomi Mi スマートバンド 5 を導入しました。

Mi スマートバンド は心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、運動トラッキングができて、バッテリーが2週間持つというスマートウォッチです。

スマートウォッチ、スマートバンド、スマートトラッカーなど呼び方は色々あるけど、Apple Watch のような高価なタイプと違い、Mi スマートバンドは4,490円(税込)で購入できる格安スマートウォッチになります。

この「Mi スマートバンド」をサーフィンと子育ての日常生活で使用してみたレビューをまとめていきます。

Xiaomi Mi スマートバンドは「グローバル版」と「日本版」があります。技適認証されている日本版のものは1年間の保証が受けられるので、オススメは「日本版の購入」です。

Xiaomi Mi スマートバンドシリーズは「日本版」がオススメ

Xiaomi Mi スマートバンドシリーズは「日本版」がオススメです。グローバル版は500円ほど安いこともあり、楽天市場やAmazonでもセール対象品として売られることが多いです。

グローバル版では1年間の製品保証が受けられないなどの縛りがあるそうです。

また、日本の法律上、使用が認められている技適認証を受けている製品は「日本版」になるので、グローバル版をお使いになる際は自己責任ということになります。

>> Mi スマートバンド 5 日本版

Mi スマートバンド は水没しても心理的ダメージが少ない神コスパ

Mi スマートバンド 5 は4,490円(税込)で購入できます。Amazonのタイムセールや、楽天のタイムセールを利用すれば更に安く手に入れることができます。

筆者は Apple Watch も愛用していますが、価格が47,080円(税込)〜なので、Mi スマートバンドは10分の1以下の価格で手に入るスマートウォッチになります。

どちらもサーフィン時に使っていますが、心理的負担が軽いのは間違いなく「Mi スマートバンド」です。

水深50mの耐水性がありますし、小さくて軽いのでサーフィン中にストレスも感じません。

水没したり、海の塩水で壊れたとしても、4,000円台で購入しているので、大きな痛手にはならないところがサーフィン用腕時計としてオススメできる理由です。

higashisa

higashisa

神コスパなので心配しないでサーフィンに使用できる!

Mi スマートバンドシリーズの良いところ

サーファーがサーフィンで使用してみて分かった「Mi スマートバンド」の特徴は以下の通りです。

  • 水深50m防水
  • 運動トラッキング
  • バンドを含めて23gと軽い
  • 縦長ディスプレイで邪魔にならない
  • ストレスモニタリング
  • 睡眠モニタリング
  • 座りすぎ注意が嬉しい(デスクワーカー必須)
  • Mi Fit 体組成計との併用がGood
  • アプリはしっかり使いやすくなってる

黄色マーカーの項目はサーフィン中に特に便利だと感じたポイントです。

サーファー的に使いやすいと思った機能は以上です。他にも色々機能はありますが、ぶっちゃけサーフィン中の時間確認が目的なので多機能は求めていません。

サーフィン中の時間確認が目的なら、十分すぎる性能です。

Mi スマートバンドのイマイチな点

使ってみた分かった「Mi スマートバンド」のイマイチなポイントもまとめていきます。

  • タッチディスプレイの反応はややモッサリ
  • 明るい場所で文字が見えない
  • エクササイズ項目にサーフィンがない
  • 純正のバンドはすぐ外れる

Mi スマートバンドは、上記のイマイチなポイントもありました。

エクササイズ項目にサーフィンがないのは痛い

バンド込みで23gの小型軽量はサーフィンに最適

Xiaomi Mi スマートバンド5 は 6よりも軽く小さいです。なのでサーフィン用にどちらがオススメかというと「5」の方がオススメ。

サーフィンはパドリングやテイクオフ、ドルフィンスルーなどで手首をよく動かすので、23gの小型軽量縦長の形状はすごく使いやすいです。

小さくて軽いだけじゃなくて、縦長形状が使いやすい。

Mi スマートバンドの水深50m防水は全く問題ない!

サーフィンで使用するなら「防水・耐水レベル」は大事ですよね。

Mi スマートバンド5、6はどちらも50m防水なので、サーフィンで使用しても全く問題ないレベルです。

安心して毎回のサーフィンに持っていけるのもオススメの理由になります。

水没しても心理的ダメージが少ない!

サーフィン中のタッチ感度は大差なし

Apple Watchやその他のスマートトラッカーと比べて、Xiaomi Mi スマートバンド 5 のタッチ感度は可もなく不可もなくというレベルです。

サーフィン中は水滴が常に付着しているので、基本的にはタッチ感度が悪くなります。

Mi スマートバンドは水上でも問題なくタッチ操作できたので、感度は可もなく不可もないレベルでした。

どのスマートウォッチもサーフィン中は水滴が多少の邪魔をする

サーフィンはフリーエクササイズで運動トラッキングを行う

Mi スマートバンド ワークアウトの項目に「サーフィン」はありません。

なので、心拍数と運動ゾーン(有酸素、無酸素運動の時間)が記録できる「フリーエクササイズ」を使用します。

簡易ではありますが、サーフィンの運動記録を残せるのは必要十分に感じました。

最低限のエクササイズ記録ができるのは嬉しい!

小さくて軽いから睡眠トラッキングもストレスフリー

Xiaomi Mi スマートバンド 5 は睡眠トラッキングも可能です。

アップルウォッチだと睡眠中にどうしても外してしまうんですよね。なので睡眠トラッキングがなかなかできませんでした。

でも Mi スマートバンド なら小さくて軽く、形状も縦長なので睡眠中のストレスも少ない。

睡眠トラッキングも朝までしっかり行えているので、筆者的にはとても便利ですね。

睡眠中に無意識で外しちゃうタイプの私でもOK

純正バンドは別売りのマジックテープに変えましょう

Mi スマートバンド に同梱されている純正バンドストラップは外れやすいので、別売りのマジックテープタイプを購入しましょう。

Mi スマートバンド はサーフィン用に使えるか?

Xiomi Mi スマートバンド
Xiomi Mi スマートバンド

結論から言うと・・・めちゃめちゃ使えます。

機能面で考えると Apple Watch の方が優れていますが、実用面で考えると Mi スマートバンド の方がオススメ。

小さくて軽い、税込4,490円(スマートバンド5)はとても魅力的です。

最新機種のスマートバンド6と比較すると、血中酸素濃度が測れないなど劣る点もありますが、スマートバンド5の方が小さくて軽いので、サーフィンに必要な機能としては不足なしです。

ということで、サーフィン用の腕時計に「Xiaomi Mi スマートバンド」はめちゃめちゃ使えますよーというレビューでした。

参考にしてもらえたら嬉しいです。

>> Mi スマートバンド 5 日本版 を見る

サーフィン用腕時計の関連記事

最強のサーフィン用腕時計

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*