Youtubeチャンネル登録で最新情報をGET

YOW ヤウサーフスケートボード 本音レビュー!サーフィンの練習には向いてない

5 min 185 views
yow

YouTubeの視聴者さんから「話題のYOW SURF SKATE(ヤウサーフスケートボード)もレビューしてください」というコメントをいくつも頂いたので、YOW(ヤウ)を購入しました。

Instagramで1分動画をシェアしています。

今回購入したYOWヤウサーフスケートは「S4」というトラックを採用しているモデルになります。モデル違いの「S5」はS4よりも硬めのトラックになるので、そちらも今度レビューをして比べてみたいと思います。

そして、結論からまとめると「見た目がカッコよくて海外女子スケーターに人気!でもサーフィンの練習には向いていない!」というのが筆者の本音です。忖度もPRもありません。率直に感じた本音です。

もう乗った瞬間に分かりました。サーフィンの陸トレ用にと考えて YOW SURF SKATE を検討している方は注意してくださいね。

見た目やファッションとしてサーフスケートを楽しみたいヒトには最適だと思います!

では本記事は忖度なし、PRなしの初心者・中級者目線でヤウサーフスケートを乗ってみた感想をまとめています。

YOW SURF SKATE はスペイン発のスケートブランド

YOW SURF SKATE(ヤウサーフスケート)はスペイン発のストリートスタイルサーフスケートブランドです。Your Own Wave を略して「YOW」となり、世界中のサーフスポットの名前を当てはめたモデル名が特徴です。

ヤウサーフスケートは見た目がカッコよくてトラックがよく動く

ヤウサーフスケートは見た目がとても洗練されていて、さすがは世界最先端の音楽やフットボール文化があるスペイン発だなと感じました。

これまで登場してきたサーフスケートの歴史の中でも群を抜いてスタイリッシュで見た目がカッコいいサーフスケートです。

またトラックがとても動くので、スケートボードを踏み込むことでぐんぐん加速していく特徴を持っています。(S4の場合)

トラックの動きがニガテなヒトは付属のネジを差し込むことでトラックを固定することができるので、通常のクルーズ系スケートボードとしても使うことができます。

ヤウサーフスケートは街乗りで楽しい

ヤウサーフスケートは街乗り(公道は不可)でとても楽しいサーフスケートです。

トラックは簡単に動かせるし、スケボーを左右に振るだけでグングン加速していきます。

サーフィンのアップスダウンとは全く違いますが、街乗りでグライド感を楽しむにはめちゃめちゃ楽しいスケートボードです。

ヤウサーフスケートがサーフィンの練習に向いてない理由

YOW

日本のサーファーの方や大手サーフィン系ショップがめちゃめちゃオススメしているから、きっとサーフィンの練習に向いているんだろうなと思って購入しました。

しかし乗った瞬間に「サーフィンの練習には向いていない」と分かりました。サーフィン練習用にオススメしているなら、ちょっと信用なくしちゃうんじゃないかなって心配になるくらいです。

いくつか理由がありますが、一つずつ私が感じたサーフィンの練習に向いていないポイントを挙げていきますね。

トラックが動きすぎてレールターンの練習ができない

どのくらい動くかというと、プッシュしてる段階で不安定になるので、プッシュで加速するのも不安になるレベルです。

感覚としては子どもたちに人気のラングスジャパンのスケートボードみたいな感じ。

トラックを左右に動かすことでグングン加速することはできます。なのでそういう乗り方ならすごく楽しいスケートボードだと思いますが、サーフィンの練習にはならないです。

例えばカーバースケートはレールターンのイメージでカラダを傾けることができますが、夜雨サーフスケートはすぐに曲がってしまうので、どちらかというと曲がらないように耐える必要があります。

サーフィンはレールを入れて自然とターンしていきますが、そのターンをしちゃったらヤウスケートボードは失速してしまうので、あぁコレはサーフィンの基本練習には向かないんだなと感じました。

反応が早すぎて、踏み込みで加速する癖が付いちゃう

ヤウサーフスケートはとにかくボードのレスポンスが早いです。サーフボードで言うとめちゃめちゃ短くて、薄いトライフィンのサーフボードみたいな感じです。

左右に振ることもできるし、グイッと踏み込むことでスケボーが加速していきます。コレはコレで楽しいスケボーです。

でも踏み込む癖が長年取れなかった筆者としては「ダメだよ・・・コレがダメなんだよ・・・」と呟いてしまいました。

コレクティブサーフィンフィットネスのコーチには「サーフィンのときに踏み込んで動かそうとする癖がある。」と指摘されています。

カーバースケートの時はちゃんとレールターンができているから、サーフボードのセンターフィンを取ってサーフィンすると良い練習になるよと教わりました。

なので今はスケボーするときもサーフィンするときも踏み込まないサーフィンを意識していますが・・・ヤウスケートボードは踏み込んで動かす必要があるので、サーフィンの練習とは違うかなって感じてます。

骨盤を前に向けにくい

サーフスケートを使った陸トレで大事なことは「骨盤を前に向ける癖」を練習することです。

ヒトは前に進むとき骨盤を横に向けて進みません。なのでサーフィンでもスケートボードでも必ず骨盤を前に出して、前に進む必要があります。

ここでもラングスジャパンのスケボーを例に出しますが、あのスケボーを乗ってる子どもたちに共通しているのは「骨盤を横に向けて進んでいる」状態です。

まるでフラフープでも回すように腰を動かしてスケボーを動かしているのが分かります。

YOW SURF SKATE はそこまでじゃないにしろ、トラックが動きすぎるからか、骨盤を前に出して乗るのが難しいと感じました。

サーフィン上級者、スケボー上級者の方はその特徴を分かって乗れるから大丈夫かもしれません。

でもサーフィン初級者、中級者のヒトは「骨盤を前に出してニュートラルポジション」が分からないので、こんなに反応が早いスケボーに乗ってしまうと、骨盤を横に向けたまま足首で曲がるサーフィンの癖が付いてしまうかも。

サーフィンの陸トレでとても重要な「骨盤を前に向けにくい」というのが、サーフィンの陸トレスケボーとしては向いてないなと感じました。*個人の感想です。

視点が下を向きがちになる

競技サーファーさんのサーフスケート解説動画では、スケボーの性能や乗り方についての解説が多いです。

でも、意外と見落としがちなのが「視点」です。

サーフィンではそうじゃないのに、スケボーをするときは視点が下を向いている競技サーファーさんもいます。

私はコーチに「ライディング中にボードのノーズが見えたらアウト」と教わったので、スケボーをするときもなるべく視点を上に向けるように意識しています。

YOWサーフスケートはプッシュのときからトラックが不安定なので、常に下を向いてしまいます。

これはあまり良い状態ではないなと思ったのが本音です。

YOW ヤウサーフスケートはスケボー初心者、サーフィン初心者にはオススメできない

YOW

YOW サーフスケートはセッティング次第でサーフィン練習に使えるサーフスケートになるかもしれません。

ただ、サーフィン中上級者、スケボー中上級者ならという条件が必要になります。なぜヤウサーフスケートは初心者に向いてないのか?その理由をまとめていきます。

トラックが不安定で怪我のリスクが大きい

サーフィン初心者、スケボー初心者がヤウサーフスケートに乗ると怪我すると思います。

トラックが不安定で、ターンの基本ができていないとちょっとの体重移動ですぐにトラックが動きます。

トラックが動きすぎるので、安定して乗ることも難しいです。

1時間乗っただけで癖がつく

YOW サーフスケートに1時間乗っただけで、もうヤウサーフスケートのトラックの動きをカラダが覚えてしまいました。

その後にカーバースケートに乗ると、踏み込みで曲がらないので違和感を感じました。

今まで違和感を感じることがなかったカーバーの動きに慣れるまで、また時間がかかってしまいました。

もし日常的に YOW SURF SKATE でサーフィンの練習をしていたら、いざサーフィンの時に踏み込みでターンしてしまう癖がついてしまうので、かなり変なサーフィンになると思います。

サーフィン、スケボー中上級者のヒトがいつもと違う感覚を練習するのには向いてるかもしれません。

例えばサーフィンで言うとめちゃめちゃ短いトライフィンのボードに乗るみたいな感じですね。

ガチャガチャ系のサーフィンになる可能性がある

日本人サーファーの特徴でもある板をガチャガチャ動かすサーフィンありますよね。

YOW サーフスケートはそういうサーフィンの練習には向いてると思いました。

YOW ヤウサーフスケートのまとめ

yow

YOW ヤウサーフスケートのまとめ「街乗りは楽しい!でもサーフィンの練習向きではない」というのがヒガシーサーの結論になります。

あくまでも個人の感想になるので、参考程度に見てもらえたら嬉しいです。

個人的にはサーフィンの練習に向いてるのはサーフィンのメッカでもあるオーストラリア、カリフォルニアのスクールでも採用されている「カーバースケート」だと思いました。

YOWサーフスケートは街乗り(日本の公道はスケボー禁止)やトラックをグニグニ動かして遊ぶ用のスケートボードとして考えるならアリですね。

ヒガシーサー

ヒガシーサー

サーフィンライフハック編集長。得意分野は初心者目線でサーフィン上達方法を解説すること。サーフィン歴20年、沖縄在住2児の父、ブログとYouTubeが本業。著書「ブログで簡単!アフィリエイト 稼ぐ力をつけるための教科書(4刷)」他3冊。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*