carver




サーフィン サーフスケート

サーフスケートおすすめ5選!サーフィンが上手になる練習用スケボーまとめ

投稿日:

サーフィンってどんなスポーツよりも上達に時間がかかりますよね。その原因は『反復練習』ができないところにあります。

バリ島のサーフスポットのように毎日いい波が立っていて、そのポイントで貸し切りでサーフィンができるなら反復練習は十分にできると思いますが、現実はせいぜい1日5〜10本乗って、30秒程度しかライディングはできません。

つまりサーフィンのライディング練習って1日1分もできないことがほとんどなんです。そんなんで上手になるとか無理ですよね!

だからサーフィンが上手くなりたいなら陸トレをしましょう。そして陸トレで1番効果の高いトレーニングが『スケボー』です。

ということで今回はあなたのサーフィンが劇的に進化するおすすめ『サーフィン練習用スケボー』を紹介します。

サーフィン練習用スケボーとは?

スケボー

陸地でサーフィンのイメージをそのまま体感できるスケートボードのことです。

一般的なスケボーは数千円〜2万円前後で手に入りますが、サーフスケートボードはもう少し割高です。私が愛用しているカーバースケートボードは25,000円〜45,000円の価格帯で手に入ります。

サーフスケートにはいろいろ種類があるので、あなたが使ってみたい!と思うものを選べばいいでしょう。ただし中にはサーフィンの練習には向かないスケボーもあるので、そこは注意してくださいね。

では早速おすすめサーフスケートをまとめていきます。※個人の感想です。

第一位 カーバースケートボード

carver

まず真っ先におすすめしたいのがカーバースケートボードです。このスケボーは感動するくらいサーフィンのイメージで練習することができます。

ネットを見てみるとネガティブな意見もありますが、私はサーフィンの止まらないターンを練習するのに最も向いているサーフスケートだと思ってます。

カーバーは数あるサーフスケートブランドの中でも歴史が長く、1番人気のあるスケボーで、サーフィン大国オーストラリアや、サーフィンカルチャー発信地のカリフォルニアのサーファーやキッズにも人気が高いです。

カーバースケートボードのおすすめポイントは?

普通のスケボーとは違ってスムースなターンができます。また特殊なトラックを採用しているので、本当にサーフィンの感覚に似せて作られています。

私はカーバーに乗るまで SurfStik というサーフスケートを長らく使っていましたが、カーバーを初めて乗ったときかなりショックでした。

ヒガ
ヒガ
なんでもっと早く買わなかったんだ...5年は遅れた。

と思ったくらいサーフィンの練習に最適です。とテキストで書かれていても伝わらないと思うので、こちらの動画をご覧ください。

ネット上ではランプで使えないとかトップアクションに向いていないってディスられてることが多いですけど、私はそうは思いません。

海外のサーファーの多くはターンの延長でトップアクションをするので、ライディングが一つの線がキレイに続きます。

そういうサーフィンに憧れてるのなら、カーバーはとても向いています。普通のスケボーのようにトップアクションの切り返しが難しいのでレールを使ってのターンしかできません。

ターンtoターン。レールtoレール。

その練習がランプでできるのはカーバーのとても大きなメリットです。平地でも楽しいですが、ランプを使っての練習もめちゃめちゃ楽しいです。

私が愛用しているのは34インチ×C7トラックです。普通のスケボーよりも若干長めのインチサイズなので、よりサーフィンのスタンスに近い感覚でトレーニングができます。

関連記事:Carver C7 レビュー!カーバースケートボード 34インチはサーフィンの練習になるのか?

第二位 普通のスケボー

スケボー

カーバーとどっちが楽しいかって言われると絶対にカーバーなんですが、普通のスケボーが最も練習に向いていると言われています。

その理由はランページでのトップアクションや、横乗りスポーツの基本力が身につくからです。

横乗り系のスポーツはまずインナーマッスルを鍛えなければいけません。体幹ですね。

この体幹部分を鍛えるためには反復練習が必要です。

やっぱりスケボーをやってるヒトがサーフィンを始めると上達が圧倒的に早いです。

そして基本のスケボーが上手なヒトほどサーフィンもめちゃ上手です。

私みたいな初級者レベルのサーファーであれば平地でターンの反復練習をおすすめしますが、例えばランページが使える施設が近くにあるなら普通のスケボーを使って練習するのが一番いいですね。

スケボーは色々なブランドがありますが、サーフィン上級者、スケボー上級者の友人はノーブランドでも全然大丈夫って言ってました。

最初はコンプリートデッキを選んで気軽に始めてみましょう。

スケートボードSHOP砂辺さんは、初心者さんにもやさしくスケボー選びをアドバイスしてくれて、とてもオススメのショップです。

第三位〜第五位は特にない

すいません。タイトルで5選とか書いちゃってますが、本当にサーフィンの練習に向いてるスケートボードは『カーバー』と『普通のスケボー』の2つだけです。

色々、日本製のサーフィン用スケートボードにも乗ったことがあるんですが(めちゃ高いやつな)...正直言って私にはサーフィンのイメージで使えませんでした。

カーブスティックというサーフスケートを長年使ってきましたが、アレは間違いです。もうほんとなんでカーブスティックなんて乗ってしまってたんだろうと思う。

コレ、買わないでくださいね(笑)サーフィンが上達したいと思うなら『カーバー』と『普通のスケボー』の2つを練習しましょう。

どっちか一つではなく、両方練習したほうがいいです。

サーフィン上達にスケボー練習が欠かせない理由

サーフィン

ここからはお暇な方だけ読んでください。私が考えるサーフィンの難しさについてまとめていきます。

まずざっくりですが、サーフィン上達が難しい理由はこちらです。

  • 一つとして同じ波で練習ができない
  • 大人になってからは週末しか行けない
  • 1回のライディングでボードの上に立ってる時間は長くて5秒(沖縄)
  • 1回のサーフィンで波に乗れる回数は3〜10回
  • サーフィンの反復練習はウェーブプールがないと無理

このブログを読んでる皆さんはヒッピースタイルのサーファーに憧れてませんよね?

ちゃんと自分のビジネスも成功させて、家庭も円満。毎年1回〜2回は家族を連れて海外にサーフトリップに行くようなライフスタイルに憧れてるはずです。

そんなライフスタイルで、そもそもサーフィンなんて投資対象として魅力的ではありません。時間的なコストが全く割に合わないでしょう。

それでもサーフィンを愛している。というのがブルーライフの読者さんです。

サーフィンを上達したいと思うなら、バリ島やハワイに2ヶ月滞在するとかのほうがいいし、難しいのであればスケボーで練習するしかありません。

なぜならサーフィンは他のスポーツと比べて反復練習にかける時間が圧倒的に少ないからです。

ライディングの反復練習はスケボーしかない

surfing

パドリングやサーフィンの感覚を鍛えるためにはサーフィンを続けるしかありませんが、サーフボードの上に乗って波を乗りこなすライディングはスケボーで練習できます。

前述した通り、サーフィンはインナーマッスルを使います。

インナーマッスルは普段の生活で鍛えることは難しいため、なかなかインナーマッスルの使い方は上達しません。

しかしスケボーを乗りこなす小学生や中学生を見ていると、とても器用にインナーマッスルを使ってカラダを動かしています。

体幹が全くブレないので、ものすごいです。

ヒガ
ヒガ
小学生や中学生のスケーターは私の先生です。

あの動きを大人が真似するのは相当の練習が必要ですが、それはスケボーで鍛えることができます。

毎日10分でもいいからスケボーに乗ってみてください。そうするだけでもインナーマッスルが鍛えられるし、足腰も強くなります。

普段のサーフィンだけでは1日30秒も乗ってないわけですから、10分やるだけでサーフィン20回分に相当するライディングをこなしたことになります。

質より量より頻度が大事

スケボー

いかに波質がいい場所で良いサーフィンをするかがサーフィン上達に繋がるわけではありません。

あのケリースレーターだって小さい頃は波が全然良くない地域で、しかもボディーボードでサーフィンしてました。

とにかくできるだけサーフィンの感覚を鍛える時間を増やす。

イメージトレーニングでもいいですし、自宅でできるサーフィン練習用グッズを使うのもいいでしょう。

でも一番は、毎日スケボーに乗ることです。

パドリングや波待ち、ドルフィンスルーは海で練習すれば自然に良くなっていきます。反復練習の時間がライディングよりも圧倒的に多いから絶対上達します。

でもサーフィンのライディングは無理です。

週末一回サーフィンで練習時間は30秒。1年続けても24分しかボードの上で練習できないんですね。

スケボーなら1日30分乗ることができます。それだけでサーフィンの練習1年分に相当します。

そんなバカなって感じですが、現実はそうです。

質より、量より、頻度です。

とにかくスケボーに乗る時間を増やすことがサーフィンの上達に繋がります。

怪我には気をつけよう

サーフィン

スケボーはサーフィンよりも怪我のリスクが大きいです。

だからそこだけは注意してやりましょう。大人が遊びでケガしたら笑い事では済まされませんからね。

まとめ

  • カーバーがおすすめ
  • 普通のスケボーがおすすめ
  • 他のサーフスケートはぶっちゃけ必要ない
  • 毎日スケボーしよう

主観でまとめましたが以上です。

キープサーフィン!

関連記事もバグースです

-サーフィン サーフスケート

Copyright© ポケットサーフ , 2018 All Rights Reserved.