第4章 サーフィン 正しいテイクオフの要約

4 min 69 views

第4章はただいま編集中です。公開までしばらくお待ちください。

シーシー

シーシー

第4章の要点
  1. 波を見ながらパドリングする
  2. 下を見ないようにする
  3. 歩くようにテイクオフする

テイクオフに失敗しない方法を要約して解説します。

第4章の内容は、コレクティブで受講できるテイクオフマスターの内容を要約して解説しています。

シーシー

シーシー

サーフィン テイクオフの定義

サーフィンのテイクオフの定義は【波に乗ること】です。サーフボードの上に立ち上がることではありません。

サーフィン テイクオフの目的

サーフィンのテイクオフの目的は【波をキャッチして、サーフボードをコントロールすること】になります。

サーフィン テイクオフの失敗例

テイクオフの失敗例
  • 波をキャッチできない
  • 波に置いていかれる
  • 海にサーフボードが刺さる

サーフィン テイクオフでよくある失敗例は、波をキャッチできない、波に置いていかれる、海にサーフボードが刺さってしまうことです。

そしてテイクオフに失敗することは誰にでもあるし、上級者でも成功しているように見えて、実は失敗しているというケースも多いです。

なのでテイクオフに失敗したからと自信を失くすのではなくて、みんな失敗していると考えて、改善の過程を楽しんでいきましょう。

サーフィン テイクオフの成功例

テイクオフの成功例
  • 波の力をキャッチしている
  • 波に押されている
  • サーフボードをコントロールできている

サーフィンのテイクオフを成功させるために必要なマインド

  • 失敗してもいい
  • シンプルに考える
  • できたことを褒める

サーフィンのテイクオフを成功させるためには、マインドを整えてリラックスすることも大事です。失敗したらどうしよう、パーリングが怖いと考えちゃうと体が強張ってしまいます。

失敗してもやり直せばいいし、やるべきことをシンプルにして、自分ができたことを必ず1つ褒めるようにしてあげてください。

今日も頭の中でテイクオフのイメージをした!偉いぞ自分!

シーシー

シーシー

サーフィン テイクオフの動画

サーフィン テイクオフに成功する手順

  1. 波を見ながらパドリングする
  2. 下を見ないようにする
  3. 歩くようにテイクオフする

テイクオフは簡単です。シンプルに考えて上記の3つの項目を頭の中で唱えるだけで大丈夫です。

波を見ながらパドリングする。下を見ないようにする。歩くようにテイクオフする。

サーフィンのテイクオフに成功する手順をまとめると

  1. 陸トレをする
  2. 海では楽しむ

サーフィンは海で頑張らないと上手くならないというのは、大きな間違いです。

練習は陸上で反復練習する方が上達しますし、海は楽しむ場所なのであまり緊張しないようにしてください。

あれこれ考えるより、テイクオフの手順を陸で練習して、練習した成果を海で楽しむだけでOK。

陸トレ 波を見ながらパドリングする

車の運転と同じですね。曲がるときはサイドミラーで後方確認するのと同じです。

また、横断歩道で左右をよく見てから渡るのも同じです。

私はテイクオフをするときは、左右確認をしてから手を上げることを意識しているので、横断歩道の渡り方と全く同じです。

陸トレ 下を見ない練習

テイクオフで大事なポイントは、サーフボードをプッシングした状態でレールを入れることです。もちろん、ただレールを入れるのではなくて、波のパワーゾーンを見るようにしてください。

波のパワーゾーンに向かうためにプッシングをする。

それを覚えていれば、勝手にサーフボードがスピードをつけてくれますし、テイクオフも簡単になります。

陸トレ 歩くようにテイクオフする

歩くようにテイクオフする。言葉ではなんとなく分かるけど、実践するとなかなかイメージがわかないって方も多いでしょう。私もその一人でした。

歩くようにテイクオフするためには、とりあえず寝そべった状態から歩き出す動作をやってみてください。

大抵の場合、それが理想的なテイクオフの姿勢になります。

逆にサーフィンのテイクオフによくある「ポップアップ」と呼ばれている、飛び上がって板の上に立ち上がる動作をしてみてください。

恐らく立ち上がった時に、骨盤が下がって、頭は下を見て、両足はガニ股になっているはずです。

寝そべった状態から立ち上がろうとすると、自然に骨盤が前に出て、頭は前を見て、両足は歩こうとしているので進行方向に膝が向いてます。

この自然の動きをサーフィンのテイクオフに取り入れるだけでいいんです。

サーフィン テイクオフのトリガーワード

  • 波を見る
  • プッシングする
  • ゆっくり立ち上がる

ここまで色々解説をしてきましたが、全部忘れても大丈夫です。

とりあえずいつものサーフィンの時に、波をしっかり見る、プッシングをしてみよう、慌てないでゆっくり立ち上がってみよう。

そんな感じで頭の中にキーワードだけ入れておけば、あとは体が無意識に反応してくれます。

頭の中に失敗をイメージするか、キーワードをイメージするかの違いだけでも大きく変わってきます。

4章 サーフィンのテイクオフを安定させるコツと要点

サーフィン 正しいテイクオフの要約
  1. 波を見ながらパドリングする
  2. 下を見ないようにする
  3. 歩くようにテイクオフする

サーフィンのテイクオフは上記のキーワードを意識して、陸トレで反復練習していきましょう。

いつものサーフィンは楽しむだけで大丈夫。失敗してもいいし、パーリングしても大丈夫。

自信を失くす必要はどこにもないので、楽しんで楽しんでサーフィンをレベルアップしていきましょう。

次は5章【ドルフィンスルーをカンタンにする】だよ。

シーシー

シーシー

4章を画像で復習する

世界一やさしいサーフィン上達講座の全体像(画像)

コレクティブメソッド
コレクティブメソッド_2

【せかやさサーフィン】はサーフィン初心者がサクッと最短で上達してもらうためのテクニックをまとめています。テクニックとは小手先のものではなく【使い方】に重点を置いています。

やさしいサーフィン上達講座の流れ

序章世界一やさしいサーフィン上達講座の本質
1章サーフィン科学的メソッドの構成
2章タケル体操でカラダのパフォーマンスを高めよう
3章パドリングの要点
4章テイクオフの要点
5章ドルフィンスルーの要点
6章ニュートラルポジションの要点
7章傾ける、屈伸する、捻るの要点
8章パワーゾーンでサーフィンする方法
9章サーフィン上達の手順
終章サーフィン実力確認クイズ

> サーフィン上達講座の概要はこちら

メルマガ登録者限定でプレゼント中

本日のトレーニングメニュー

>トレーニング辞典はこちら(準備中)

WCTサーファー | 累計アクセスランキング

> WCTサーファー図鑑はこちら(準備中)

サーフィン上達の物語を見る

> ナミのサーフィン上達物語(準備中)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*